金運護符 月花殿の効果と7人の口コミ・体験談

kinunkaiun

最近、秘かに話題になっている月花殿金運護符
この金運護符は、月花殿の祈祷師 東条知明先生が新月と満月の日に限り、一枚ずつ月のパワーと念を込めて作っています。
46歳の主婦は、年収が215万円もアップしたそうです。

▼あなた専用の金運護符を詳しく見る▼

祈祷師が月のパワーを込めた
月花殿の金運護符で金運を呼び込む

月のパワーと祈祷師の念が込められた、金運護符。
価格は税込みで、10,000円
果たして、価値があるのかないのか、その効果を書いていただいた口コミと体験談を読んででみてください。

月花殿の金運護符で年収215万円UPの体験談

kinunkaiun

私は、46歳の主婦です。
月花殿の金運護符の効果で、年収が215万円もアップしました。

月花殿の金運護符を買ったきっかけ

私は、関西のとある片田舎に住んでいます。
主人は、大阪の会社に勤めています。
子供は、2人います。
当時、高校2年生と中学2年生の子供がいました。
どちらも受験を控えていて、塾代などが高くつきました。
私も、時給950円のパートで働いていたのですが、全て子供の塾代などに消えてしまいました。
その他にも模試や参考書など、私のパート代だけでは、とても子供の教育費が足りません。
何か金運アップするよい方法はないかと、ネットで探していた時に、月花殿の金運護符を見つけました。
月花殿の金運護符は、月のパワーが込められているということだったので、これだと思いました。
見つけた瞬間に、申し込んでいました。

月花殿の金運護符が届いた

月花殿の金運護符は、申し込みをしてから約1週間後に届きました。
丁寧に、桐の箱に納められていました。
丁寧に折りたたんで、財布の中に入れました。
別に財布の中やないと、ダメなわけではありません。
私は、常に持ち歩くつもりで、財布の中に入れました。
例えば、パスケースや専用の小物入れに入れても良いと思います。
肝心なのは、いつもパワーを授かっているという気持ちだと思います。

年収215万円もアップした

kinunkaiun

金運護符を持つようになって、2ヵ月ほど経ったある日。
職場の課長に、ちょっと話があると言われて、別室に呼ばれました。
別室に呼ばれることなど、今まで一度もなかったので、何か怒られるのかなと思い、ビクビクしながら行きました。
すると、課長から、
正社員で働く気はないですか?
と言われました。
同じ課のベテランの社員が、親の介護で退職されることになったのです。
その時のパートの年収は、129万円から130万円くらいでした。
正社員になると、多くはないのですが少しボーナスも出ます。
年収を計算すると、約345万円くらいになると言われました。
1日の勤務時間も、出勤日数も増えますが、もう子供の送り迎えもありません。
私には、願ったりかなったりの申し出でした。

金運アップ後の護符

kinunkaiun

このような事情で、私は正社員になることができ、お給料も上がりました。
それも、これまでのお給料の倍以上、いえ、約3倍です。
これは、絶対に月花殿の金運護符の効果だと思います。
人によっては、たまたま偶然時期が重なっただけだと言われるかもしれません。
でも、私には護符の効果だとしか思えません。
護符を持っていると言うと、変な奴だと思われるかもしれません。
なので、私は、誰にも言いませんでした。
主人にも言っていません。
以前、誰にも知られずに持たなければ効果がないと、何かで読んだことがあったからでもあります。
お給料が上がった後も、そのまま1年間持ち続けました。
そして、1年経った後、感謝して近くの神社に納めさせていただきました。

月のパワーの金運護符

kinunkaiun

私が生まれ育ったところは、さほど都会ではありません。
どちらかというと、田舎です。
高いビルもないし、今でも家の近くに田や畑もあります。
どちらかと言わなくても田舎ですね。
そんな環境で育ったせいか、子供の頃からお月さんを見るのが好きでした。
両親は信仰心の篤い人で、よく神社にもお詣りに行っていました。
父から、小さいころ、日本の一番偉い神さまは太陽の神さまで、その弟の神さまが月の神さまだと教えられました。
幼心に、太陽もお月さまも神さまなんだと思ったものです。
そんなこともあって、太陽やお月さまをよく見上げていました。
月花殿の金運護符を見つけた時に、これだと思ったのは、私が育った環境によるものだったのかもしれません。
こんな私に、お月さまがご縁をくださったのかもしれません。

▼祈祷師が念を込めたあなた専用の護符▼

月花殿の金運護符の口コミと体験談

他にも、口コミ感想を書いていただいたので紹介します。
あなたの金運アップの参考にしてくださいね。

月花殿の金運護符の口コミ・体験談その1

大黒様
大黒様
飲食店を経営しているのですが、最近売り上げが減ってきました。
ネットで、月花殿の金運護符を見つけて、なんとなく気になって買いました。
嫁にも言わずに、コッソリと店の引き出しの中にしまいました。
店を開ける時に、商売繁盛をお願いしました。
それから、徐々に客足が伸びてきて、以前より20%ほど売り上げが増えました。
私は、絶対に効果があると思います。
38歳 男性

月花殿の金運護符の口コミ・体験談その2

私は、宝くじの当選をお願いしました。
毎回ジャンボ宝くじだけ30枚ずつ買っているのですが、300円以外当たったことがありません。
それが、初めてのジャンボ宝くじで、100万円当たったのでびっくりしました。
効果は本物だと思います。
27歳 女性
弁天様
弁天様

月花殿の金運護符の口コミ・体験談その3

ゑびす様
ゑびす様
8年前、友人にどうしてもと頼まれて、100万円貸しました。
すぐに返すし、利息も年5%払うという約束だったのですが、一向に返してくれません。
電話をしても、なかなか繋がらず、もう返してもらえないかもしれないと諦めかけていました。
そんな時に月花殿サイトを偶然見つけて、申し込みをしました。
3ヵ月後に、友人から突然電話がかかってきて、借りていた100万円を返すというのです。
利息も8年分の40万円と、迷惑かけたと言って10万円プラスして返してくれました。
その後、パチンコでも1週間で16万円勝ったりしました。
51歳 男性

月花殿の金運護符の口コミ・体験談その4

リストラで失業して、次の就職先がなかなか見つかりませんでした。
何社面接を受けても、ことごとく不採用になって今いました。
半分自棄になりかけた時、月花殿の護符を知り、ダメもとで購入しました。
すると、2週間後に就職が決まりました。
しかも、以前の会社よりも給料が良かったのです。
東条知明先生のパワーは、本当にすごいと思います。
47歳 男性
大黒様
大黒様

月花殿の金運護符の口コミ・体験談その5

弁天様
弁天様
副業で小物を作って販売していたのですが、ほとんど売れませんでした。
そんな時、東条先生の護符を知りました。
専用のポーチに折りたたんで入れて、首にぶら下げて副業の小物を作るようにしました。
3週間ほど経った頃から、急に商品が売れだし、特注品の注文までいただきました。
今では、本業の3倍ほどの収入があります。
32歳 女性

月花殿の金運護符の口コミ・体験談その6

生活が苦しいわけではないのですが、もうちょっと余裕があれば助かるなと思い申し込みました。
昇給は、例年通りなので財運アップはしていません。
でも、仕事で抱えていたストレスが、だんだん消えて行って、すっきりとして気持ちで会社に行けるようになりました。
41歳 男性
ゑびす様
ゑびす様

※掲載している内容は個人の体験談であり、商品の科学的効果を主張するものではありません。また、すべての方が実感するものではありません。

▼月のパワーで今すぐ金運アップする▼

月のパワーと月花殿の金運護符

kinunkaiun
は、洋の東西にかかわらず、昔から神秘的なパワーがあると伝えられてきました。

月のパワーと月花殿の金運護符

世界の神話でも、いろいろな月の神様が登場します。
例えば、

  • ヒンドゥー教のチャンドラ
  • エジプト神話のホルス
  • マヤ神話のイシュバランケー
  • シュメール神話のナンナ
  • 中国神話の嫦娥(じょうが)
  • ローマ神話のルーナ
  • ギリシア神話のアルテミス
  • アイヌ神話のクンネチュクカムイ

など、数え上げればきりがないほどの神様がおられます。
世界の月の神様は、男性も女性も居られます。
でも、女性の月の女神は、絶世の美女の場合が多いようです。
『月にかわっておしおき』するセーラームーンも、愛と正義のセーラー服美少女戦士です
さらに、日本には、竹取の翁に育てられ、絶世の美女が月に帰る『かぐや姫』という物語もありましたね。
日本の神話では、古事記や日本書紀に、月の神様として、天照大御神の弟神の月読命(ツクヨミノミコト)が登場します。
月の光は、浄化作用があるとも言われています。
パワーストーンの水晶なども、月の光で浄化します。
そんな月のパワーを込めた月花殿の金運護符は、大きなパワーを発揮するという口コミや体験談がたくさん報告されています。

あなた専用に手作り

kinunkaiun
月花殿の金運護符は、依頼者の願いを込めて、一枚一枚祈祷師の東条知明先生が手作りで、丁寧に作っておられます。
世間では、1枚100円程度の非常に安い護符もあります。
いや、それどころか、無料で配布されているものもあります。
でも、それらのほとんどは、印刷の大量生産です。
持ち主の願い事は、全く込められていません。
東条先生は、あなたの氏名、生年月日をもとに、ご祈祷して霊力を込めています。
あなたのための、あなたの専用のものは、やはりパワーが違います。

浄化のご祈祷済み

kinunkaiun

月花殿の金運護符は、念を込めただけでは、十分に力が発揮できないことがあります。
それは、知らず知らずのうちに、依頼者の周りにマイナスの気や邪気が溜まってしまうからです。
仕事や対人関係で、ストレスやイライラを感じたり、マイナス思考になってしまったり。
人からネガティブな気を受けてしまったり。
ほとんどの人は、そのようなマイナスの気や邪気に気づかず、そのままの状態で日常を暮らしています。
邪気やマイナスの気が、周りに溜まっていると、いくらパワーが強くてもなかなか思うように力を発揮することはできません。
邪気を払うのは、祈祷師の得意技です。
東条知明先生が、ご祈祷時に依頼者の邪気も浄化してくださいます。

返品・返金保証

kinunkaiun

どんなに良いものでも、持ち手との相性があります。
世界の名画と言われる絵画でも、100%の人がその絵のことを気に入っているわけではありません。
やはり、どんなものでも人それぞれに合う合わないがあります。
月花殿の金運護符も、そのような可能性はゼロではありません。
やはり、波長というか相性みたいなものがあります。
そんな場合も、到着してから10日以内なら、返品できます。
メールか電話で連絡すれば、代金も返金してくれる返金保証付なので安心です。
ただ、返品時の送料と返金の振込手数料は、負担してくださいね。

お月さまと月読命

kinunkaiun
月花殿の金運護符は、月のパワーが込められています。
月は、世界中の神話にも登場するほど、広く信仰されています。
日本でも、古代からお月さまは、人々に愛されてきました。
平安時代の貴族たちも、旧暦の8月15日に、お月見をしていました。
中秋の名月、満月の十五夜を楽しんでいたのですね。
昔は、月の満ち欠けで暦を表していたので、お月さまと農耕は、現代以上に非常に強い結びつきがあったのです。
竹取物語の、かぐや姫も、月の天女でした。
このように、日本人は昔からお月さまが大好きです。
そんな日本人の神話、古事記や日本書紀には、月の神さまとして、『月読命(つくよみのみこと)』が登場します。
月のパワーにちなんで、日本神話の月の神さま『月読命(つくよみのみこと)』を、説明しておきます。

月の神さま 月読命(つくよみのみこと)

kinunkaiun

月読命は、イザナギ尊の御子神です。
イザナギ尊が、黄泉の国から帰ってきたときに、カラダの穢れを祓わて、右目を洗われた時のお生まれになった神さまです。
ちなみに、左目を洗ったときにお生まれになったのが、伊勢神宮にお祀りされている天照大御神(あまてらすおおみかみ)です。
そして、鼻を洗ったときにお生まれになったのが、須佐之男命(すさのおのみこと)です。
この3柱の神さまが、特に素晴らしい神さまだったので『三貴子』と呼ばれます。

月読命と天照大御神

kinunkaiun
月読命の姉神である天照大御神は、太陽の神さまで昼間に現れます。
月読命は、月の神さまなので、夜に現れます。
姉弟なのに、昼と夜の別々に現れる理由が、日本書紀に書かれています。
天照大御神の命で、月読命は保食神(うけもちのかみ)に会いに行きました。
保食神は、月読命を歓迎するために、ご馳走をふるまいます。
でも、そのご馳走の材料は、保食神の口から出された米や魚、鳥獣など排泄物から生まれてきたものでした。
月読命は、『そんな汚いものを食べさすのか。』
と怒って、保食神を切り捨ててしまいました。
これを知った天照大御神は、ものすごくお怒りになり、
『もう、二度とお前とは会わない。』
と言われました。
それから、太陽と月は、離れて出てこられるようになりました。
神様も、兄弟げんかされるのですね。
日本の神さまは、人間らしくって楽しいですね。
ちなみに、月読命に切り殺された保食神の体から、牛、馬、粟、蚕、稗、稲、麦、大豆、小豆が、生まれました。
月読命と保食神のお蔭で、日本は豊かな国になったのです。
あなたも、ぜひお月さまを見たら、月読命のことを思い出してくださいね。

月読命が祀られている神社

kinunkaiun

月読命が祀られている神社は、そんなに多くはありませんが、全国にあります。
有名な神社で言うと、

  • 月山神社(山形県東田川郡立川町月山)
  • 鳥海月山両所宮(山形市宮町)
  • 賀蘇山神社(栃木県上都賀郡栗野町)
  • 皇大神宮別宮 月讀宮(三重県伊勢市中村町)
  • 皇大神宮別宮 月讀荒御魂宮(三重県伊勢市中村町)
  • 豊受大神宮別宮 月夜見宮(三重県伊勢市宮後)
  • 松尾大社の摂社・月読神社(京都市西京区室山添町)
  • 西寒田神社(大分市寒田)

などの神社でお祀りされています。

月読命のご神格

  • 月の神
  • 暦の神
  • 農耕神
  • 占いの神
  • 海の神
  • 漁業の神
  • 安産の神

月読命は、月の満ち欠け、太陰暦のもとになっているので、暦の神さまでもあります。

月読命のご利益

月読命のご利益としては、

    • 海上安全
    • 農業
    • 商売繁盛
    • 五穀豊穣
    • 諸願成就
    • 安産
    • 無病息災
    • 病気平癒
    • 航海安全
    • 豊漁

などがあります。
さすがに三貴子だけあって、たくさんのご利益がありますね。

月花殿の金運護符のご利益と効果のまとめ

月花殿の金運護符で、金運が上がったという体験談や口コミを紹介しました。

金運護符のパワーの違い

先ほども言いましたが、世の中には、金運護符はたくさん出回っています。
しかし、一見同じ様に見える金運護符でも、そのパワーには雲泥の差があります。

大量生産で印刷された護符のパワーは弱い

世の中で販売されている金運護符のほとんどは、非常に安い価格で販売されています。
しかし、それらは、印刷で大量生産されたものです。
依頼者の願いも気持ちも、そのような護符には込められていません。
印刷でも、祈祷師や陰陽師が念を込めると、パワーは入ります。
しかし、やはり大量生産された金運護符のパワーは、強くはありません。

月花殿の金運護符のパワーは強力

月花殿の金運護符は、祈祷師 東条知明先生が、依頼者の願いを込めて、一枚一枚手作業で作られています。
しかも、月のパワーが最も高いとされる、新月と満月の日に限っています。
その為、月2回しか作れません。
しかも、手作業なので、一度に20枚しか作れません。
月花殿の金運護符は、1ヵ月で40枚しか作れない、貴重なものです。
しかも、あなたの願いだけを込めて作られた、あなた専用の金運護符なのです。
ですから、大量生産されている金運護符と、月花殿の金運護符は、パワーが違います。

kinunkaiun kinunkaiun kinunkaiun